2016年03月24日

    父親を殺したいと思った時に書いて怒りを沈めようと思った文章5。

    死ね死ね言っていたら、書いていたら、クサイダー速報なる腐れブログを思い出したが、まあ、それは、関係ない話か。そうですか。

    いつも、殺すことを考えている。今、少し会話したけど、それは、動画にする時はカットしないといけないな。ちょっと手間が増えた。晩御飯、じゃなくて、昼ごはんはラーメンだってさ。そんなん、どうでもいいわ。

    ラーメン食ったら、親が死んだら楽しいけどな。毒でも、気をきかせて、母親が入れてくれないだろうか。塩分を濃くしてくれても、いい。人が死ぬ塩とか、そういうのはないだろうか。あったら、バカ売れで、多くの人の魂を救うだろうな。救って欲しい。そして、救われたい。

    もう、本当に疲れた。手だって、疲れたし、ダメかもしれないな。色々なことが、投げ出したくなるし、今の苦しみに比べたら、まったくもって無意味な感情になってしまった。脳から絞り出されるような苦しみ。それを、親からくらわされるという意味、無意味さ。なんで、こんな苦しい想いを、拾の親から、くらわなければいけないのか。

    ただ、冷静に、常識的に、普通に考えれば良いことを、いわゆる毒親は平気で乗り越えて来る。ばかばかしくてやってられない。早く死ねって、本当に思う。殺したい。殺して、楽になりたい。後の人生は、全くのオワコンになるが…。

    もう、昼飯を食べて、この動画は終了としよう。

    書いている様子です。

    【お察し下さい】怒りに震えながら、感情をキーボードに書き表すタイピング音【音フェチ動画実験】 - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=VWg7Xe7cn0w

    心が限界を迎えた時、私はパソコンを叩きます。


    スポンサーリンク
    posted by 遊牧民侍 at 14:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: